2009年6月アーカイブ

2009年6月 5日

コミケ76

いつもの季節がやってきました。

 

今回は...受かってました。

 

16日(日)東セ-15b

 

です。

ん~、良い場所。

いつも通り、幸田ん舎と合体です。

 

出し物ですが、今回もゼロ魔というのは一応確定してます。

あとはどのキャラで描くかということなんですが...

 

とりあえず、今月発売の17巻読んでから決めたいと思います。

2009年6月 2日

ケータイコミック

前々回、Webコミックと書きましたが、Webに限らずケータイも含め、要するに電子書籍向けの仕事も始めました。

なんと講談社です。雑誌媒体ではありませんが、こんな自分でも大手で仕事できるのは、少なからず嬉しいものです。

 

今回私がやった仕事は、講談社コミックプラス内にあるMichao!で出してる「ひめHo!だい」というエッチ系アンソロジーというか、そういうのです。

この仕事は、シナリオは向こう(編プロ)が用意してくれてたので、楽かな~と思ったら甘い甘い。

ケータイというのも考慮されているからか、表現に関する規制が今までやった仕事の中で一番厳しいです。

それ以外にもキャラの見せ方とかコマの構成とか、今まで自分が考えてた常識があまり通用しない世界でした。

「本当にこれでいいの?」的な意味で。

ある意味勉強にはなったんですが...

どう考えてもケータイだから通用する理論というか...

 

ところでこれ、ケータイからは探しやすいのですが、WebのTopページからは非常にわかりにくい場所にあります。

(まぁ、「ひめHo!だい」でググれば一発ですが)

なので、TopからはMichao! eKC(電子書籍)辺りを探して貰えば見つかると思います。

6/18から配信開始らしいので、よろしければ見て下さいませませ。

 

この仕事の話しが来たときの話しでは、ケータイコミック全体の売上げは好調なのだそうです。雑誌とは正反対。

また、雑誌が不調でも電子書籍版が好調なので雑誌が存続できる、ということもあるようです。

(ピザッツがこのご時世にSPを月刊化できたのも、つまりそーいうことだそうで)

あと、この手の男性向けの読者層として、女性が結構多いそうです。(シェア4~5割くらいだったかな?)

そういえば今回、作業してて「女性読者も意識して」みたいなことも言われた記憶が...

 

私はケータイでマンガを読もうなんて思わない人なので(PC上ですら抵抗があります)、これらの話しを聞いたときは、ただただ「へぇ~」としか言えませんでした。

なんだか、おもしろい世界。

 

これからも、続けていけそうなら続けていくつもりです。

 

 

 

追記

なんて書いた後、こんなニュースを発見。

大粛清への先鞭か 講談社ポータルサイト「MouRa」が解散、更新停止へ

 

...あるぇ?

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。