« ピザッツSP '15/6月号 | ホーム | ピザッツSP '15/8月号「新生活の契り」 »

2015年5月30日

ピザッツSP '15/7月号

pzsp1507_1.jpg5/28にピザッツSP 7月号が発売になりました。

今回はエレベーター内でチャレンジするカップルの話です。
何をチャレンジするのか。
エレベーターに乗ったとき階層ボタンを押さないでそのまま放置してるとその階に留まるんですが
(メーカーに依って違うかもしれません)
留まってる間は個室状態になるわけです。

後は分かるな?


要するに、いつどのタイミングでエレベーターが動き出すか分からない間、エレベーター内で楽しんじゃおうというチャレンジです。
最悪、留まってる階で誰かが利用しようとしたら思いっきり見られちゃう訳です。そのドキドキ感を楽しんで貰ったのが今回の作品です。

最初の構想時から

①エレベーター内でファック開始→②駅弁状態で自分の部屋まで移動→③玄関開けてそのまま続き

という展開は決めてたんですが、ちょっとだけ悩んだのがエレベーター内での展開。
当初は乗って直ぐ階層ボタンを押して、扉が閉じたら即挿入という感じにしようと思ってました。
でもそれだとエレベーター内で楽しめる時間が足りません。
高層マンションでも1分かからない程度の時間しかないんじゃないんでしょうか。
その展開でも無理が生じないようにこのカップルには初っぱなから発情してもらったんですが、やっぱり時間無さ過ぎない?せっかくエレベーター内というシチュエーションがあまり使われないのは勿体なくない?と思ってしまい、いっそキャプテン翼みたく時間経過を無視して展開させようか...など考えたりもしました。

結局そんなことしなくても普通にエレベーターの動き止められるじゃない。と気付き、こっちの方が当初誰かに見つかるかも知れないドキドキ感が②のシーンだけだったのを①のシーンにも増やせるな、とも気付き、じゃあこれで行こうとなりました。

久々にネタが自分の中でスッキリ収まった感じです。おかげでいつもより脱稿が早かったです。


あくまで「いつもより」...ですが

この記事について

このページは、chagashiが2015年5月30日 23:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ピザッツSP '15/6月号」です。

次の記事は「ピザッツSP '15/8月号「新生活の契り」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。