« コミケ89 お品書き | ホーム | コミケ90 お品書き »

2016年3月18日

「ハニーポット」発売中です

honeypot002.jpg3/17に拙書「ハニーポット」が発売になりました。
前作から丁度1年での最新刊となります。なんと今回、本のサイズが大きくなっています。想定外!
それが分かってたら巻頭カラー入れられるようなネーム描いてたのに...

今回、A5版ということで「巻頭4P カラーに出来ますけど」と言われたんですが、1P 目からカラー映えする、というかカラーにしてもあまり嬉しさが増えない作品ばかりだったので「じゃあカラー4P 描き足します」と言ったら「ページは増やせないんですよー」と言われてしまい...
泣く泣く巻頭カラーは諦めたという経緯がありました。個人的残念ポイントその1。

その1ってことはその2もあります。
Twitterでも少し愚痴ったのでご存じかもしれませんが、あとがきの絵にトーンが入ってません。これは私が、トーンが入っててネーム(文章)が入ってない本原稿と、トーンが入って無くてネームが入ってるネーム用原稿を2種類用意して渡したことから起こった間違いで、こちらとしては「ネーム原稿を元に本原稿に写植入れてね」というつもりで渡しました。
ネーム用原稿にトーンを入れないのは本原稿と区別するためで、こっちを間違えて載せないでねという意味も含んでいました。
このやり方で今まで原稿を渡してきてたので特に疑問を抱かずに原稿を送ったんですが...
以前も書いたことがあるかもしれませんが、双葉社(エンジェル出版)は雑誌編集部とコミック編集部で部署が別れてて、今回その原稿はそれらの勝手が分からないコミック編集部にそのまま渡り、前述の意図が伝わらずどういう訳かネーム用原稿を採択してしまったようです。

こっちも誤解を招く感じになってしまったのも原因ですが、何というか...何で原稿が2枚あるんだろう?とか疑問に思わなかったのかな?と言いたくなりつつ、もう刷ってしまったものはどうしようもないので...

この場を借りてお詫び申し上げます。

もしかしたら増刷分は差し替えられるのではないかと思うので、増刷がかかるくらい皆さん買ってください(汗
もう当分の間単行本は出ません。何卒よろしくお願いします。

そういえば今作、妙に「変な女の子たちが~」という枕詞が付くのをネットで目にします。想定外!
そんな変かなぁ...
まぁ行動原理が「やりたい」ってな娘ばかりだから変といえば変だけど。

この記事について

このページは、chagashiが2016年3月18日 23:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「コミケ89 お品書き」です。

次の記事は「コミケ90 お品書き」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。